保育参加

埼玉県の親支援事業の1つとして位置づけられており、保護者の方に、実際に保育に参加していただき、その中で、我が子だけでなく、広く同年齢の子どもの成長に気付いたり、実際の保育の様子を見ることで、保育者の仕事への理解を深めていただければと考え、実施しています。大変好評で毎年参加されている方もいらっしゃいます。ぜひご参加ください。

保育参加
園での日常生活を見てもらうために、年1回以上の保育参加を勧めています。
百聞は一見にしかず!ビデオでも伝わらない生の感動を体験して下さい。
保育参加は平日の午前中に行います。お父さん、お母さんに子ども達と関わりながら、園での生活や保育者の仕事などを見てもらうことで、普段の保育の様子が分かり、お互いの理解を深めることができます。
懇談会の前に保育参加月間を設けていますが、1年中いつでも参加いただけます。お気軽にお申し出下さい。普段の様子を見ていただきたいので、通常の日にお願いしています。

 保育参加で園の様子を見て頂いた保護者の皆様の感想
先生たちが声を掛けあいながら連携していて安心
先生が目配りしている。その子の情報を共有している
みんな自由にのびのびしていた

懇談会
懇談会は年2回~3回行います。家庭と園とがよりよい保育をしていくためにはどうしたらいいのか、連絡帳や保育参加で話しきれない課題を話し合うなど、父母同士が意見を交換できる場です。クラスの中での子どもたちの様子が分かり、保護者同士の交流も深まります。普段は送迎時間が違うため顔を合わせることのない人同士の、良い交流機会になります。お互いに知り合うことで、子ども同士のトラブルにも余裕を持って対応ができるようになります。
幼児クラスになると子ども同士の関係が深まりますが、同時にトラブルも増えていきます。何事も小さなことから始まりますので、大きくなる前に対処できることが一番です。園と保護者、職員同士の信頼関係を築く大切な機会の一つです。

PAGE TOP