どうやって登ったの?

三丁目すまいる保育園の1~2歳児が生活しているお部屋には、行事で保護者の方々と一緒に作った台があります。

その名も”きりん”名前も、台は使わずに登るというお約束も子どもたちと一緒に決めました。

夏にお部屋に登場して以来登れる子は数名…冬になっていくにつれチャレンジしてみる子もあまり見られなくなり、ポツンとしていたきりん、ですが最近になり子どもたちの登ろう!とするチャレンジ精神に火が付き始めたのです!!

そんなある日の出来事。がんばって力をふりしぼっても登れないA君、保育者と一緒に登れたお友だちに「どうやって登ったの?」と聞いてみると、「んーとよいしょってやったんだよ!」とざっくりとした解答。

ですがA君には通じるものがあったようでまた再チャレンジしていました。

子ども同士のなかで通じるものがあったのですね。

いつか登れる日を楽しみにしています☺

保育士 村田(ま)

PAGE TOP