私の日課

篠﨑といったら水槽。そう思う方も多くなってきたのではないでしょうか。そうです。今日は水槽の仲間たちのお話です。以前紹介した新しい仲間たち、カージナルテトラさんと長いものに巻かれるタイプのめだか先輩。そんな仲間たちに惑わされないどじょうたちは今日も元気に水槽のなかを優雅に泳いでいます。えさをあげるのは私の退勤時の日課で、かれこれ2か月ほど続いています。すると、カージナルテトラさんたちとは水槽内では一番付き合いの短い子たちなのに、私が水槽に近づくと集まってきてくれるようになりました。(嘘だど思う人は他の先生に聞いてみてください。)めだか先輩とは1番長い付き合いなはずなのに一切近づいてきたりはしません。長いものには巻かれるのにえさをくれる私は長いものではなかったようです。魚と人間にもフィーリングというものがあるのでしょうか。その分カージナルテトラさんたちは賢いですね。いい子たちです。そんな頭脳明晰なカージナルテトラさんたちを可愛く思い、えさをたくさんあげてしまった私がふと気が付きました。カージナルテトラさんとめだか先輩のお腹が膨らんでいることを。私はすぐに他の先生を呼んで、「ご懐妊ですかね?」と聞きました。すると「めだか先輩は一匹しかいないのにそんなことあるのかね?カージナルテトラはわかるけど・・・」と。わたしは生まれてくるかもしれない赤ちゃんたちにすでに思いを寄せて、「今の水草で産めるのか」なんてことを考えながら次に日を迎えると昨日までぷっくりだったお腹はみんなすっきりボディに。ただの胃下垂か食べすぎだったようです。ちなみに私の胃下垂で食べるとすぐにお腹がでます。きっと飼い主に似たようです。えさのあげすぎには要注意です。なにより水槽の仲間たちが健康(太りすぎ注意)に泳いでくれるように日々精進します。

保育士 篠﨑

PAGE TOP