唯一無二

世界には約6,000語もの言葉があるという。その中で、危機言語とされている言語に日本のアイヌ語が入っていました。

なぜ今アイヌ語に脚光があてられているかというと、アイヌにルーツをもつ一人の女子大生がYouTubeでアイヌ語を発信していることが話題になっているからです。

動物・植物等ばかりが絶滅の危機にあるのではなく、言葉も危機にさらされている。

だからつないでいきたい伝えていきたい、この思いが次の世代に残してゆく唯一無二の継承なのですね。すまいるの保育者にも唯一無二の思いがあります。

法人理念「笑顔を増やす」どんな時も笑顔を繋いでいく。どんな時も笑顔を・・・。

今日も子どもたちも保育者も笑っている。

その先もきっと笑顔でいられるように、だから今を笑顔で!!

保育士 古城

PAGE TOP