「続:遊びとは?」 

子どもの遊びでは何もしていない行動や傍観者的行動が見られる時もあります。何もしていないなら何か遊びに誘ったほうが良いのではと思われるかもしれません。しかし子どもたちにも「いまはひとりになりたい」「ゆっくりしたい」といった気持ちがあったり、他児の遊ぶ姿を観察することで「○○すると△△できる」といった新しい発見や楽しみ方を学んでいるかもしれません。子どもの遊びでは発達に応じた個々の遊び方を大切にしていきたいですね。

保育士:山口

PAGE TOP