バスごっこ

今日はペガサスさんに代わって、「社交的なタヌキ」が作成させていただいています。

社交的といっても、お休みの日は家にいることが大好きです。

1・2歳児の今のブームは、バスごっこ(電車ごっことも言います)

椅子を並べて、「乗ってください」と声をかけてくれます。

「どこまで行きますか?」と聞くと、「ママのところ」

「ガタンガタン。ガタンガタン」と効果音を出すと、「バスなの!」と怒られてしまいます。

つながるバスごっこ

つながるバスごっこ2

そしていつか並べた椅子が、アスレチック会場に代わってしまうこともあります。

子どもたち自ら作り上げたアスレチックはグラグラ不安定で、見ていてドキドキハラハラしてしまいます。

ちょっとだけ、わからないように直してしまいますが、子どもたちはそのスリルと渡れた達成感を味わい、とてもいい笑顔でいました。

子どものそんながんばってる姿が好きな、保育士です。

担当:副主任

つながるバスごっこ3

PAGE TOP