これは誰?

最近、目が合うと私のところに近づいてきてくれる女の子がいます。

女の子(2歳児)は、私に近づくと、私の顔を指さし、

「誰?」の表情で首をかしげて名前を聞いてきます。

「しのざき先生だよ」と伝えると、今度は

私の鼻を指さし、「誰?」の表情。

私は彼女が鼻のことを知りたいのかと思い、

「それは鼻だよ」と伝えると、彼女は首を横に振り、

「違う」の表情。

でんしゃあそび

ねんどあそび

次に私のほっぺを指さしたので、

「そこもしのざき先生だよ」と伝えると、

嬉しそうに笑っていました。

このやりとりを、鼻、ほっぺ、口、さまざまなところで

聞いてきた彼女に何度も私の名前を伝えました。

彼女は最近、物の名前や友だちの名前を覚え始め、

それを言葉で話すのが楽しいお年頃のようです。

しかし、彼女の口から「しのざき先生」という言葉は

まだ一度も聞いたことがありません。

このやりとりをここ数日繰り返しているはずなのに

私は少し寂しい気持ちと、子どもの言葉の発達は

不思議だなぁと思う今日この頃です。

いつか彼女に「しのざき先生」と呼ばれる日まで

辛抱強く彼女の質問に誠実に答えていきたいと思います。

保育士 篠﨑

PAGE TOP