保育園との出会い

この時期、保育園の見学に来られる方が多くいらっしゃいます。保育室を案内したり、すまいるの保育についてお話をしているのですが、お話をしている間、一緒に来たお子さんが、自ら遊び出す姿を多く見ます。(抱っこの子は別ですが…)私たちにとってはとてもうれしいこと!子どもが自ら(主体的に)遊び出すという事は、保育室が主体的に遊べる環境になっていることを、子ども自身が証明してくれているのですからです。楽しそう!やってみたい!という気持ちになる環境ってとてもすてきだと思います。

 実は私の娘も保育園探しの真っ最中!母心で、「子どもが伸び伸び遊べるところ・大人主体じゃなくて子ども主体の保育をしているところ・安全、安心をしっかり考えている保育園を探しなね‥」なんて言ってしまっているためか、実際に見学に行って、色々感じながら見ているのか、かえって悩ませてしまっているようです。

いずれにしても、保育園は、子どもたちが一日のほとんどを過ごす場所、保護者の方は、毎日送り迎えをするところです。子どもにとって楽しく、大人にとって負担にならない園を選べたらいいですね。でも何より、「子どもにとって!」を一番に考えてほしいなぁと思っています。

保育士  染谷

PAGE TOP