防災を意識することは大切な人を守ること

昨日24日と、今日25日と2日間防火管理講習を受けてきました。避難訓練は、園で月1回行っていますが、消火器の実施訓練では、普段のたまものの成果が発揮でき、繰り返しの訓練の大切さを感じました。

子どもたちの毎日の実施訓練でも、放送と同時に保育者の避難誘導にスムーズに避難することができ、繰り返し実施される中で安全とは、また身を守るとはどんなことか実践の中で身に付けていっています。

日常の何気ない生活の中で、防災への意識を頭のどこかで持っていることは大切な人を守ることにつながっているのではないでしょうか。そのことを改めて考えることができた2日間でした。

          保育士 古城

PAGE TOP