小さな気づき

保育園で一日を過ごしていると最近よく思うことがあります。

それは…どうして子どもはどんな小さいものでも発見するのであろうか…

そんなことを思った日のエピソードです。

「なんかあったよ」とニコニコで保育者の手のひらに何かを乗せてくれたAさん。よく見てみると、すごく小さな乾燥したお米の粒。「どこに落ちていたの?」と聞いてみると、「こっち」と一緒に見に行くことに。しゃがんでAさんの指さす先を見てみると、そこは棚の裏。「よくみつけたね」と言ってみると、Aさんは満足そうにまた自分の遊びに戻っていきました。

きっとAさんにとっては、ふと棚の裏を覗いたときに見えたお米の粒が、キラキラしたものにみえたのかもしれませんね。

子どもが興味をもって発見したもの、子どもの目線でしか見えないもの、これからも小さな気づきを大事にしていきたい思える瞬間でした。

保育者 村田(ま)

PAGE TOP