もこもこ!

子どもたちは最近、お絵かきやシール貼りなど指先を使った遊びが お気に入りです。

お絵かきが楽しくて、お迎えが来てもクレヨンと紙を持ってお部屋の中を

グルグルして「まだぁ!」とお迎えにきたお母さんと追いかけっこをするほどです。

その子に、「紙にお名前書きましょうか?」と言ってみると、

「〇〇ちゃん!」と言っていたので、名前を書いてみました。

すると、「ママも!」と言っていたので、隣にママもひらがなで書いてみました。

すると今度は「もこもこ!」と言っていたので、私はなぜもこ?と

思いながらも「もこも書くね」とひらがなで“もこ”と書いてみました。

そうしたら彼女はそこからもこもこの連発で、「もこ!もこ!」と

たくさんもこを書いてほしいとリクエスト。

私はたくさんもこを書きながら、“もこ”とは、もういっこのことではないかと

気づきましたが、時すでに遅し。

紙にはたくさんのもこ。

しかし彼女はひらがなが読めず、たくさん何かが書いてあることに満足したのか

「大切だから連絡帳袋に入れておこう」と伝えると、素直に入れて

お母さんと帰っていきました。 なぜ私はそのまま“もこ”と書いてしまったのか、申し訳なさでいっぱいです。

保育士 篠﨑

PAGE TOP