その後・・・

先日作った水槽にメダカやどじょうを引っ越ししてみました。

ほんのちょっとどじょうは嬉しそうに泳いでいるように感じますが、メダカは少し驚いているような表情でした。(わたしの主観です本当かどうかはメダカたちに聞いてみてください)

子どもたちも大きくなった水槽に気づき、以前よりも観察する姿が増えてきました。

大きい水槽に数匹のため、中には「虹色の魚を入れてあげたい!」という子も。どじょうは近くのホームセンター出身ということもあり、虹色の魚がホームセンターに暮らしていたら「園の水槽にきませんか?」と誘ってみたいと思います。

保育中以外にも保護者の方がお迎えに来た時に子どもたちと一緒に水槽を覗く姿もちらほら。水槽の棚を作った側としてはとても嬉しい限りでとてもほっこりする姿です。

今後は新しい仲間や改善をしながら、メダカたちのよりよい園ライフを子どもたちと一緒に考えていきたいと思います。

保育士 篠﨑

PAGE TOP